デザインの著作権と譲渡、二次使用と金額について

2019-01-04
デザイナー情報室

デザイナーにとっては知らないでは済まされない知的財産権、著作権について。昔からデザイン業界ではこの手のトラブルが多いと聞きますし、信用や価格にも関わってくる問題なので、覚書メモとしてまとめておきます。二次使用やロイヤリティについても調べました。このまとめは情報が新しくなれば都度更新していく予定です。

デザインの価値とは?

作り手の才能やセンスなどの価値。一時の人気によって時価が上がる価値。アンティークのように年数が経てば上がる価値。労働力(技術)の価値。いろんな付加価値(余剰価値)が存在し、デザインの価値とはこれら全てを合わせた価値となります。「大衆が欲しいと思い、買い求めるもの」がより高い価値を生みだし、価値を持った(持つであろう)作品を守るものが著作権です。

デザインにおける著作権とは

デザイナーが作ったデザインの著作権はすべて制作者(制作会社)側にあります。商標登録などは必要なく、その作品が作られたときに自動的に発生し、著作者の没後50年(2018年12月30日以降は70年に改定)まで保護の対象となる。例えばネットでよく見る「転用禁止」の文字。これを無断で転用し、規則を破ると著作権違反となります。

書作権の保護期間について

少しややこしいのが著作権の保護期間。著名人の作品は没後50年まで保護対象でしたが、2018年12月30日以降は没後70年に改定されました。無名・変名の場合や、団体名義での著作物は没後70年ではなく、公開後70年が保護対象とされています。(没後と公開後がややこしい)

例. 絵画を使ってポストカードを販売する場合

絵画を100万円で買ったとします。購入者が自宅に飾るなど、個人で楽しむ分には問題ないですが、その絵を写真に撮ってポストカードを作ったり、販売したりすると違反です(二次使用の禁止)。ポストカードを作って販売したければ著者にロイヤリティを払って使用許可を得る必要があります。もしくは、著作権譲渡契約を締結する必要があります。

著作権譲渡とは

著作権というのは基本的には譲渡できないことになっており、著作物の一部の使用を許可する契約(使用承諾の契約)は可能らしいです。ただし、その著作物を使って上がるであろう将来の利益を算出し価格を設定するので、数百万や数千万単位の高額になることも。日本の企業ではこの譲渡契約締結が多いらしく、海外では「ロイヤリティ制」(使用料を払う)が主流のようです。

ロイヤリティ(使用料)とは

制作費を数万〜数十万と軽く押さえ、二次使用の際に使用料として制作費の10%程度を支払うといった方法です。ちなみにレイアウト(色や配置などの構図)に関しては適応されないとのこと。なので、webサイトで著作権を適応させる場合、イラストや画像、動画などのクリエイティビティな制作物が対象となるようです。また、ロゴタイプ(文字)に関しては、よほどのオリジナル性がないと著作権対象外となることもあるので注意が必要です。

知的所有権=産業財産権(工業所有権)+ 著作権

※産業財産権…特許権、実用新案権、意匠権及び商標権
※著作権…文化的な創作物を作った著作者の権利

著作権譲渡とロイヤリティ、どちらがいいのか

制作物の著作権を制作者が放棄し、発注者側が自由に使える方法が著作権譲渡。永久ライセンスのようなものなので、金額は年間使用料の前払いという事になりますが、価格は大きく数百万〜数千万円になることも。さて、これは高いのでしょうか。キャラクター制作を例に比べてみました。

キャラクターを著作権譲渡で購入した場合

著作権譲渡でキャラクターを100万円で購入したと仮定。上代500円のハンカチを商品と考え、デザイン費を原価の10%で抑えようとすれば、結果的に10万枚売れれば償却できる。販売当初は1000枚しか売れなくて赤字だったとしても、年数が経てば売れる可能性は高い。もし100万枚売れれば原価は1%となり、その後は利益が出続けることになる。

「売れる」ことが重要なわけですね。先行投資ができるキャラクターなのかどうかを見極めましょう。

キャラクターをロイヤリティ制で購入した場合

キャラクターを10万円で購入したと仮定。同じく上代500円のハンカチに対して5%のロイヤリティ契約をしたとする。ハンカチが1万枚売れたとすれば、売り上げ500万円から支払うロイヤリティは25万円。この時点ではロイヤリティ制の方が安いが、100万枚売れれば2500万円。著作権譲渡購入の金額を上回ります。

結果、小ロット制作の場合はロイヤリティ制がお得。ずっと続けるのなら著作権購入がお得。リスク回避で考えるならロイヤリティ制。当たれば大きいのは著作権購入。特にロゴマークなど、コーポレートアイデンティティの場合は時代に合わせたリニューアルの希望が出てくることを考えて慎重に選びましょう。

デザイン料金の設定について

グラフィックデザイン協会(JAGDA)に所属しているグラフィックデザイナーの場合には、指定された計算式が存在します。計算方法は「作業料」に「質的指数」と「量的指数」をかけて「支出経費」を足す、というものになります。作業料は単純な人件費ですが、作業スピードには経験年数が大きく左右するので「質的指数」というものをかけます。

作業量と質的指数とは

3年以下のデザイナーが0.5倍だとしたら、10年以上のデザイナーでは1.5倍という具合に、スキルに応じて加算される指数です。また、付加価値料もこれにあたり、売り上げ予測数やブランド価値、使うマスメディアや媒体、予算など、影響が大きければ付加価値は上がると計算されます。

駅前広告の例:

都会の駅前広告と田舎の駅前広告とでは、通行人の数も違えば話題になる数値も違います。明らかに売り上げに差が出ることが予想されます。都会の駅前広告を使うと1週間で数百万〜数千万もしますが、利益率で考えれば田舎で安い広告を出すより収入効果が高いです。

支出経費と量的指数

支出経費はデザインを作るのにかかる費用で、ソフト維持費、電気代、交通費、資料などがそれにあたります。量的指数とは付加価値と似たもので、部数やマスメディアの数などによって計算します。

制作料金の計算式

以上を踏まえ、きっちり計算をする場合の式はこうなります。

制作料金 = (質的指数×作業料) + 作業料 + (作業料×質的指数×量的指数) + 支出経費

デザイン料金を正規で出そうとすると結構複雑ですが、制作会社やフリーランスのデザイン料金の相場や、内訳についてまとめた記事がありますので、よければ参考にしてみてください。

デザイン料金の相場【価格表と決め方】 – freespace

デザイン料金の計算方法は結構複雑です。デザイナー自身、もしくはデザイナーにお仕事…
officehojo.com

著作権トラブルを回避するために

デザイン料金の中身を知らなければ、金額の大きさにびっくりすることもあるかもしれません。しかし、音楽における版権などを考えれば、クリエイティブワークの良し悪しで相当なお金が動くのも事実。もちろん、売れない理由は宣伝不足ということも大きくありますが。企業が一番投資するべきはプロモーションなどの宣伝部分なのかもしれません。今ではインフルエンサーを使ったマーケティングも増えています。

いいデザインとプロモーションとニーズが上手く合えば、一つの音楽、一つのキャラクター、一つのデザインで膨大なお金を動かすこともありますよね。佐藤可士和さんを起用したユニクロがいい例ではないでしょうか。何でもスタートはニーズからです。人がいないところにデザインは必要ない。頑張っているデザイナーさん達がよりよい働き方ができる日が訪れますように。