要らなくなったWordPressを削除する方法【ロリポップ向け】

2019-04-14
サーバー

要らなくなったWordPressを丸ごと消す方法です。一つのデータベースで複数のWordPressを運用している人向けです。エックスサーバーを使った削除解説はたくさんのサイトで紹介されてましたが、私が利用しているのはロリポップなので、あまり情報がなく、自分で調べることに。

様々なサイトから情報をかき集め、プラグインを使わず物理的に削除する方法でやってみました。完全に自己流。

結果は、問題なく削除できました。プラグインよりも安全かも。

ロリポップでWordPressを削除する方法【サーバーとデータベースからファイルを削除】

WordPressのデータは「ファイル」と「データベース」に分けて管理されています。ということは、削除する時にはサーバーとデータベースの2箇所からファイルを削除しないとダメなんですね。2回に分けて作業をする必要がありますが、どちらもロリポップの管理画面からできます。

phpMyAdminからデータベースのファイルを削除

まずはデータベースから削除します。ロリポップの管理画面から、左側のメニューにある「サーバーの管理・設定 > データベース」へ移動すると、データベースの情報が確認できます。

サーバー後の「サーバーの選択」で必要(要メモ)
データベース名ここに自分のデータが入っています
データベースバージョン特に必要なし
ユーザー名後の「ユーザー名」入力の際に必要(要コピー)
「パスワードの確認」も必要(要コピー)
管理ページ 「phpMyAdminを開く」ボタンから入ります。

この「管理ページ」の「phpMyAdminを開く」ボタンをクリックし、データベースの管理画面に入ります。

最初に「phpMyAdmin へようこそ」と書かれたログイン画面が表示されるので、先ほど確認したデータベースの情報を入力していきます。

画像左側が先ほどのロリポップで確認したデータベース情報、右側がphpMyAdminのログイン画面です。以下の内容で入力します。

  • ユーザー名 → ユーザー名サーバーの選択
  • パスワード → 「パスワードを確認」を押すと表示される文字列
  • サーバーの選択 → サーバー

最後に実行ボタンを押し、phpMyAdminの管理画面に移ります。

データベースからWordPressのデータを探し、削除する

管理画面の左側にはデータベース名が並んでいるので、先ほど確認した自分のデータベース名を見つけ、選択します。右側に中身のデータファイルが表示されればOK。(上のタブメニューでは「構造」が選択されている状態。MySQLのテーブルが表示されているらしい)

この中のデータのフォルダ名に注目。自分のWordPressの「テーブル接頭辞」が付いているフォルダが削除対象になります。(例:wp1)

WordPressの「テーブル接頭辞」の確認方法

ロリポップの「WordPress簡単インストール」を使ってインストールした場合、ロリポップ管理画面の「サイト作成ツール > WordPress簡単インストール」画面で「テーブル接頭辞」が確認できます。下の方に「WordPressインストール履歴」というのがあるので、そこで該当の「テーブル接頭辞」をメモしておきましょう。だいたいインストール順に「wp1」「wp2」「wp3」と番号が振られているはずです。

私の場合、テーブル接頭辞が「wp1」だったので、「wp1_〇〇」と付いたフォルダを全て選択します。(フォルダ左側のチェックボックスを選択)

全部選択し終わったら画面下部へ移動し、「チェックしたものを:」というボタンをクリック後、リストで「削除」を選択すると「wp1」のデータが全て削除できます。

以上でデータベースのWordPressファイル削除は完了です。

サーバー内のWordPressファイルをフォルダごと削除【ロリポップ!FTP】

次に、サーバーに残っているファイルを削除します。ロリポップの管理画面に戻り、左側のメニューから「サーバーの管理・設定 > ロリポップ!FTP」に入ります。

FTP管理画面には、自分のホームページやWordPressのファイルが並んでいるので、その中から自分のWordPressのドメイン名のフォルダを探します。(例:WordpressのURLが「officehojo.com/blog」なら「blog」フォルダを選択)

私の場合、削除したいWordPressフォルダは「blog」フォルダです(officehojoフォルダの中)。blogフォルダの左側にあるチェックボックスを選択し、一番下の「削除する」をクリック。

これでサーバー内のWordPressファイルが削除でき、全てのWordPressのデータがなくなりました。

ロリポップFTPで管理者権限がなく、フォルダが削除できない?

ロリポップFTPでは、管理者権限の設定により、更新や削除、追加などの編集作業ができないことがあります。これは、オーナーの権限にチェックが入ってないことで起きるエラーです。ロリポップFTP管理画面の上側に「フォルダ名、更新日、種類、所有者、URL」などと書かれた場所がありますので、そこの「オーナー」箇所の「呼出」「書込」「実行」にチェックを入れ、保存すると編集ができるようになります。

ロリポップFTPを使わず「FileZilla」などのFTPソフトを使ってもOK。サーバーからWordPressフォルダのサイトにアクセスし、該当フォルダを削除すればOKです。

流れとしては、データベースからWordPressファイルを削除、サーバーからWordPressファイルを削除です。新たにWordPressを立ち上げる際には、新規インストールからスタート。

もしWordPressの中身だけをリセットしたい場合には、こちらの記事を参考にしてみてください。

WordPressのリセットプラグイン「WP Reset」で簡単リセット&復元 – freespace

WordPressを構築しているうちに「最初からやり直したい」とか「エラーが出た…
officehojo.com

リセットの際、「しまった!元に戻したい!」とならないよう、WordPressのバックアップを取っておくと最悪の事態も防げます。バックアッププラグインについてはこちらの記事で紹介しています。

WordPressのバックアップは「All-in-One WP Migration」か「BackWPup」プラグインがおすすめ! – freespace

WordPressのおすすめバックアッププラグイン「All-in-One WP …
officehojo.com