忙しい人向けの簡単で手軽な朝食の提案(エッグスラット)

2019-05-15
エトセトラ

忙しい現代人の皆様、朝ごはん食べてますか?寝る時間を少しでも多くとりたいと、朝ごはんをサボっていませんか?起きたては食欲もないので、さらっと簡単に済ませたいですよね。そこで私から簡単に栄養が取れる朝ごはんの提案です。

手軽さ、栄養価、美味しさ、安さ、どれをとっても優秀なLA生まれの「エッグスラット」をご存知でしょうか。卵、じゃがいも、牛乳、野菜を一緒に瓶に入れ、混ぜてパンにつける卵料理です。ご飯やパンがお腹に重いときでもするっと食べれてしまいます。軽く済ませたい時でも、しっかり食べたい時にも活躍してくれます。

エッグスラットは結構優秀 from LA

Eggslut公式サイトより https://www.eggslut.com/

数年前、エッグベネディクトの後にブームになった「エッグスラット」。しかしエッグベネディクトほどは受け入れられず、メニューで出しているところはほとんどなくなりました。私が某カフェのデザイナーとして勤務していた頃、当時の開発担当者にレシピを教わり家で作ってみたところ、簡単に美味しくできたので早速朝食に取り入れました。なにより一個で全てが賄えるというオールインワン精神が、面倒くさがりな私にはピッタリでした。

今さら感があるエッグスラットですが、アレンジが効くし簡単に栄養補給ができるしで結構いいんですよ。一時のブームで終わらせるのはもったいないくらい優秀なんです。LAでは「Eggslut」という専門店もあるほどです。

材料は「卵」と「じゃがいも」、あとはあるものでOK

使う材料は「じゃがいも1個」「卵1個」がベースで、あとはなんでもOKな適当レシピ。残り物の野菜を入れてもいいし、スプラウト系を入れれば立派な健康食に。炭水化物、たんぱく質、野菜類、全部が入ったオールインワンレシピです。

所要時間は5分。マグカップ一個で完成

さらにいいところ。それは洗い物が少ないことと、朝の支度をしながら作れること。ほとんど電子レンジで済ませるので時間を取りません。マグカップとフォークとサランラップがあればできてしまいます。所要時間5分程度。

エッグスラットのレシピ(スタンダード編)

まずはベースのエッグスラットから。用意するものはこちら。

  • じゃがいも 1個(男爵でもメークインでも新じゃがでもOK)
  • 卵 1個(全卵)
  • バター1cm角程度(あれば。マヨネーズでも代用可)
  • 牛乳 大さじ1杯程度(あれば)
  • 調味料少々(塩コショウ。ナツメグがあればなおよし)

基本はこれだけです。1週間で500円以下の朝食も可能です。

1.じゃがいもをマッシュポテトにする

  • じゃがいもを2cm角くらいに切る。(皮はむかなくてもOK。芽はとる。ここで細かくするとレンジでふやかす時の時短になる)
  • じゃがいもを濡らしてラップで包み、レンジで3分加熱します。(湯煎でもOK)
  • フォークで潰れるくらいの柔らかさになったのを確認し、大きめのマグカップに移して潰し、マッシュポテトにします。
  • ここでバター、牛乳、塩こしょう(あればナツメグも)を投入し混ぜます。バターと牛乳がなければマヨネーズでもいいです。ポテトサラダ風になりますが、、、

2.マッシュポテトの上に卵をのせ、レンジで1分加熱して完成

マグカップに入ったマッシュポテトの上に卵を割り入れ、軽くラップをし(載せる程度)、レンジで50秒〜1分ほど加熱。半熟なら45〜50秒。固めなら1分弱。まわりの白身がほんの少し固まったくらいの半熟状態になれば完成です。

あとはスプーンで混ぜながら食べるだけ。混ぜた時に卵がいい感じに固まってくれます。とろっとした食感で喉をすっと通ります。

エッグスラットのアレンジレシピ

ベースレシピのマッシュポテトに野菜類やきのこ類を足して混ぜれば栄養価が上がります。生野菜が一番楽ですが、マッシュルームは美味しい!

マッシュルームといんげんのエッグスラット

マッシュルームは4個くらい、インゲンは3本くらい使います。マッシュルームは半分に切りスライスに。いんげんは小さく輪切りにしておき、両方ともバターと一緒にマグカップへ投入。ラップをしてレンジで1分ほど加熱。マッシュルームがしんなりしていたらOK。そこへマッシュポテトを入れ混ぜる。あとは通常のエッグスラットの作り方と同じ。卵を入れ、レンジで加熱して完成。

マッシュルームはしめじやエリンギでも代用可!

スプラウトのエッグスラット

これは一番簡単かつ栄養抜群!スーパーで売っているブロッコリースプラウト、マスタードスプラウト、クレソンスプラウト、なんでもいいのでベースのエッグスラットに乗せて混ぜるだけで美味しいです。

この乗せるだけってのが楽でいいですよね。おすすめはマスタードとクレソンのコンビ。ピリッとして違う味が楽しめます。

カリカリベーコンのエッグスラット

スプラウト同様、トッピングアレンジです。ベーコンはレンジでカリカリにしてもいいし、サラダトッピング用のカリカリベーコンを買ってきてもいいし、フライパンで炒めてもいいし、好き好きで。ブラックペッパーをピリッと効かせれば絶品ですね。

ひき肉と玉ねぎのエッグスラット

ハンバークやコロッケのような感じです。合挽き肉か牛ミンチをおすすめします。玉ねぎ少量をみじん切りにし、ひき肉と塩コショウ少々を入れ、一緒にマグカップへ投入(量はマグカップの4分の1程度)。お肉の赤い部分がなくなる程度に電子レンジで加熱し、マッシュポテトと混ぜてエッグスラットにすれば完成。

残り野菜のエッグスラット

上記のアレンジメニューの中身を入れ替えれば、いろんなエッグスラットが楽しめます。野菜ならほとんどの素材は合います。ピーマン、キャベツ、玉ねぎ、人参、なるべく洋風の素材を使うのがコツ。和風にする場合はベースのマッシュポテトに醤油を混ぜておけばいいかも。バター醤油のエッグスラットも美味しそう。ケチャップやソース、焼肉のタレなんかを混ぜても美味しいかもしれません。自分なりのエッグスラットを開発してください。

健康面でも朝ごはんは大事。

結構な人が朝ごはんを軽視していますが、朝に食べ物を胃に入れることは大事らしいです。内臓が動き出し、冷え性改善や便秘解消にもつながります。気をつけるのは、ウィダーインゼリーなどの水分系の栄養補助食品に頼りすぎないこと。水分で栄養を摂ろうとすると、内臓が冷え、胃が悪くなるそうです。ちゃんと固形物を食べることが重要らしいですよ。

医師によると「食べ物は車のガソリンと同じ。悪い油を使えば車が傷むように、悪い食べ物を取り続けると身体が傷む」とのこと。検査結果は悪くないけれど、どことなく体や胃の調子が良くない感じている人は、食べ物と運動不足が原因ということもありえます。あまり薬やサプリに頼りすぎないように。また冷凍食品やレトルト、お惣菜もほどほどに。