Canon PowerShot G7 X Mark Ⅱで撮影【夜景と星空が優秀】

2019-07-30
ライフハック

デジカメの話です。綺麗にぼけて、夜の星が撮れるスマホ以上のデジカメが欲しくて、「Canon PowerShot G7 X Mark Ⅱ」を買いました。夜の撮影も、マクロ撮影も、見事に綺麗です。

星空の撮影風景はこちら

Photoshopで補正しなくても、明るさは十分に確保できています。スマホではブラックアウトしてしまうので、やはり一眼レフ並みの明るさはポイントが高い。

このG7xはコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)ですが、最終まで買おうか迷ったのはデジタル一眼レフの「Nicon D3500」です。何を迷ったのかというと、ほとんど機能面に差がないということ。将来的に本気でカメラを駆使していくなら一眼レフ一択なのでしょうが、そもそも高級なレンズを集めるほど私はプロを目指しているわけではありませんので、最終的には持ち運びの便利さと機能のバランス性を選び、CanonのG7xに決定しました。

コンデジとデジタル一眼レフとミラーレスの違い

コンデジはカメラ本体とレンズが一体型のカメラ。デジタル一眼レフは本体とレンズが別々のカメラ。ミラーレスは一眼レフと同じだけど内部構造にミラーがなくなったもの(ミラーがないことで小型軽量化)、という違いです。

コンデジのデメリットとしては、被写体によってレンズを替えることができません。望遠や接写撮影に限界がありますが、プロ級のこだわりがないのであればコンデジで十分です。

コンデジのいいところは「持ち運びの便利さ」と「小さくて軽いボディ」に「たくさんの機能が詰まってる」というところです。スマホ以上の美しさが欲しい時にはコンデジです。一眼レフより劣るといったイメージがありますが、今回私が買ったG7Xは一眼レフに匹敵する高級の部類に入るカメラです。

Canonの高級コンデジ「PowerShot G」シリーズ

G1〜G9までありますが、G1が一番高級で高機能とされています。中でも一番バランスがいいと言われているのがG7x MarkⅡ。画素数、ISO感度、F値、操作性、どれも一眼レフに匹敵する優秀さです。

印刷で使う場合、RAWデータで5400pxはありますので、A1ポスターにも耐えられます。

G7xとG5xは、2019年8月に新機種が発売されるので、型落ちになる今が買い時です。動画メインで使う方には新しいG7x MarkⅢは結構いいらしいですが、その他はMarkⅡとさほど変化なしです。

絞りもかなり大きく開きますので(f1.8)、ぼけ具合も一眼レフ並です。

G7x MarkⅡは星空モードがある

他の機種との違いとして、マニュアル設定でいじらずに星空の撮影が可能です。通常、星空の撮影にはシャッタースピードと絞り値をマニュアルで最小値にする必要がありますが、そんなことをしなくてもシーンセレクトで「夜景」「星空」「花火」の撮影が簡単にできます。「星空軌跡」モードもあります。

こちら側ですることは、ブレないように三脚などで固定して撮影するだけ。スマホをリモコンとして使うこともできます。

Wi-Fi経由で写真をスマホに転送できる

Wi-Fi搭載というのも大きな魅力です。最近のデジカメはほとんどこれではないでしょうか。いちいちケーブルでつなぐ必要もありませんし、カードリーダーも必要ない。PCとスマホ両方に飛ばせるのです。意外とこの機能が一番ありがたい。

Amazonでも買える

7/27にヨドバシカメラへ見に行ったら「¥61000」でした。ちょっと待った、Amazonではもっと安い。8月に新機種の販売がスタートすれば、もう少しお値段が下がるかも??欲しい方は要チェックです。(画像クリックでAmazonページへ)

Canon PowerShot G7 X Mark Ⅱで撮った写真を使ってるブログ(全部とは言えない)

離島移住ブログ「鴻島(こうじま)」ライフブログ
(夜の撮影がはっきりくっきり。星空もバッチリ)