クラウドSIMの仕組みとサービス比較!【デメリットやおすすめも紹介】

2019-08-14
Other

国内の離島、山、僻地、キャンプ、海外など、広角エリアで使える「クラウドSIM」。現在、クラウドSIM搭載のポケットWiFi(モバイルルーター)が便利と人気が出ており、また一方で、ユーザー増加による通信障害なども頻繁に起きています。

クラウドSIMのメリットは「国内や海外の広いエリアで使える」「使用は電源のON/OFFだけ」という手軽さと便利さです。さらに以前までは「容量無制限」が最大の売りでしたが、今は各社制限付きプランに変更しています。

【補足:ポケットWiFi(モバイルルーター)と固定回線(光回線)の違い】
家にネット回線(光やADSL)を引き、電波を飛ばすルーターをつないで使うのが「固定回線」、工事不要でコードを電源に繋ぐだけ使えるモバイル式が「ポケットWiFi」。固定回線は家や会社でしか使えませんが、ポケットWiFiは充電式で、旅行やキャンプ、海外に持ち出して使うことができます。ただし、光回線とは違い容量に制限があり、速度も遅いのが特徴。

クラウドSIMの仕組み(いつでもどこでも使えるWiFi)

クラウドSIMは、通常のポケットWiFi(WiMAXやUQモバイル、SoftBank Airなど)とは少し違います。

通常のポケットWiFiは、固定キャリアの回線を使うのが普通です。WiMAXやUQモバイルならKDDI回線、SoftBank Airならソフトバンク回線だけを使って通信をします。

一方、クラウドSIMは「回線を固定しない」ことが最大の特徴で、大手3キャリア(NTTドコモ、ソフトバンク、KDDI)全部の回線を使うことができる「トリプルキャリア対応」のポケットWiFiです。利用場所をGPSでキャッチし、その場所で最適とされるSIM回線を選んで自動的に繋げてくれます。

どんなときもWiFiが開示した内容によると、クラウドSIMの仕組みはおそらくこうです。(図解)

クラウドSIMの仕組み

大規模な通信障害が起こった「どんなときもWiFi」では、急遽増設したSIMの中にsonetや楽天という格安SIMも入っていたこともありました。8月に報告された文書では「3大キャリアと明記していたが実際には1つのキャリア(ソフトバンク)に頼っていた」と書かれていました。

クラウドSIMのメリット1:大容量

普通のモバイルルーターは1日3GBなどの容量制限が設けられていますが、クラウドSIMのポケットWiFiは比較的容量が多いサービスプランが多いです。現在の最大容量は「FUJI Wifi」と「限界突破WiFi」の1日5〜10GBプランです。その他のサービスでは月間100GBが定番化しています。

クラウドSIMのメリット2:広範囲エリア

トリプルキャリア対応のクラウドSIMでは、国内での対応エリアが99%と日本一を誇ります。山間部でも離島でも田舎でも、ほとんどの場所で使え、キャンプなどでも大活躍。電波が届くところならどこでもといった感じです。

クラウドSIMのメリット3:海外エリアが安い!設定簡単

クラウドSIMの力が発揮できるのは海外旅行。海外旅行で人気のエリアならほとんど使えます。また、データローミングなどの設定も必要なく、海外にルーターを持ち出し、現地で電源をonにするだけで接続が可能という手軽さも人気。通信料金も安い!

クラウドSIMの海外対応エリア【例:どんなときもWiFi】

どんなときもWiFiをサンプルに、対応エリアを見てみましょう。世界131ヵ国利用可能で、通信料金はアジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米エリアで1日1280円、中東・南米・アフリカエリアで1日1880円です。容量は1日1GBまで。1GBを超えると低速モードへ移行しますが、ネット完全に使えなくなることはありません。さらに1度も使用していない日はカウントされないというのも魅力です。(使用しなければ無料)

【北米エリア】アメリカ、カナダ

【アジア&オセアニア】韓国・香港・中国・台湾・マカオ・オーストラリア・ニュージーランド・シンガポール・タイ・ベトナム・マレーシア・フィリピン・インドネシア・カンボジア・ミャンマー・ラオス・ネパール・インド・スリランカ・バングラデッシュ・カザフスタン・モンゴル・パキスタン・グアム・サイパン・フィジー・ブルネイ・タジキスタン

【ヨーロッパエリア】オーストリア・ベルギー・スイス・チェコ・ドイツ・スペイン・フィンランド・フランス・ギリシャ・イタリア・オランダ・ポルトガル・ロシア・スロベニア・トルコ・リヒテンシュタイン・モナコ・キプロス・ハンガリー・ラトビア・ポーランド・スウェーデン・ウクライナ・エストニア・クロアチア・アイルランド・リトアニア・ルクセンブルク・セルビア・ノルウェー・アルバニア・デンマーク・スロバキア・イギリス・サンマリノ・バチカン市国・ブルガリア・アイスランド・マルタ・ルーマニア・オーランド諸島・ボスニア ヘルツェゴビナ・モンテネグロ・マケドニア

【中東エリア】UAE・カタール・ヨルダン・イスラエル・サウジアラビア・イエメン・バーレーン・クウェート・オマーン

【中米・南米エリア】コロンビア・ウルグアイ・ブラジル・アルゼンチン・ベネズエラ・パナマ・ドミニカ共和国・コスタリカ・エクアドル・グアテマラ・ペルー・ボリビア・チリ・ニカラグア・エルサルバドル・メキシコ・プエルトリコ・アンギラ・アンティグア バーブーダ・イギリス領ケイマン諸島・キュラソー島・グレナダ・グアドループ・ガイアナ・ハイチ・ジャマイカ・マルティニーク・フランス領サン マルタン・セントビンセントおよびグレナディーン諸島・スリナム・トリニダード トバゴ・タークス カイコス諸島・イギリス領ヴァージン諸島・ドミニカ国

【アフリカエリア】南アフリカ共和国・ケニア・モロッコ・エジプト・西サハラ・タンザニア・ザンビア・チュニジア・アンゴラ・アルジェリア・ガーナ・ナイジェリア・モーリシャス

クラウドSIMのデメリット【通信障害と速度低下】

クラウドSIM最大のデメリット、それは「通信障害」と「速度低下」です。どんなときもWiFiの大規模通信障害で浮き彫りになったクラウドSIMの脆弱性について見てみましょう。

まず、オンラインゲームや動画ストリーミングの垂れ流しなど、1日の利用料が10GBを超えるような大容量消費をすると、通信制限がかかる確率が高くなります。提供元であるキャリア側から急激な大量消費とみなされれば、突然ネットが切断されることもあります。

また、ユーザー増加による速度の低下もかなり報告されています。多くの人が使う時間帯や、人気のメーカーなどは注意して使いましょう。

基本的に、多くの格安クラウドSIM(月額3500円前後)の場合、あらかじめキャリア側から1日7GBの制限があるとの噂も出ているので、もし月間100GBだとしても、1日に7GB以上を消費すると繋がりにくくなることもありえそうです。

クラウドSIMの速度【下り最大150Mbps、上り最大50Mbps?】

クラウドSIMは速度が遅いと言われていますが、おそらくメーカーによると思います。実際に、どんなときもWiFiを使っていた時は、ユーザー増加のためか遅いことが多かったですが、FUJI Wifiに切り替えてからは改善されました。

ほとんどのクラウドSIMでは、下り最大150Mbps/上り最大50Mbpsと公表されていますが、これは使用場所によるので目安程度に。私が使っている離島では下り40Mbps前後、上り20Mbps前後です。どんなときもWiFiでは下りも上りも1〜10Mbpsくらいの時が多かったので、やはりメーカーがどれだけSIMを確保しているかによりそう。

実際の使用感としては、YouTubeなどの動画を見る上でストレスは感じませんが、データのダウンロードとアップロードは光回線と比較するとかなり遅く感じます。1GB以上のデータをアップするのに1〜3分かかった日には結構なロス。

頻繁に大容量のデータをオンラインサービスにアップロードする方にはストレスかも。

クラウドSIMサービスを徹底比較!【今のおすすめは容量無制限のiVideo?】

現在のクラウドSIMサービスを比較してみます。ちなみに私は今、FUJI Wifiの毎日10ギガプランを使っていますが、月額は5,000円前後なので、クラウドWiFiの中ではお高め。

定番の月額3,500円前後の格安クラウドSIMなども合わせ、大容量系ポケットWiFiをまとめて比較したまとめ記事を公開しているので、検討している方は参考にしてみてください。

ちなみに、どんなときもWiFiは2020年11月から新しいプランに切り替わり、容量無制限プランがなくなりました。メインはSoftbank AirやモバレコAirに変わっています。

どんなときもWiFiの新プランと他社サービス比較! – freespace

2020年2月起きた大規模な通信障害により、一時的に新規受付をストップするなどの…
officehojo.com

クラウドSIMに安定は求めない?変化しやすい通信状況

以上のことから、現在のクラウドSIMサービスは各社で月間100GBなどの制限を設けていることがほとんどです。もし今後、容量無制限と書かれた新サービスが出たとしても、きちんと問い合わせしてから利用するようにしてください。値段が全てとは言いませんが、異様に安い場合には注意してくださいね。