容量無制限に近いポケットWiFiはこれだ!【クラウドSIM/各社比較】

2020-08-26
ライフハック

2020年10月末、どんなときもWiFiの容量無制限プランが廃止。それに伴い、同業各社で容量無制限プランがストップ。私のように固定回線がない地域かつ、WiMAXエリア外の場所でWiFiを使うには、トリプルキャリア対応の「クラウドSIM」が必須です。

ということで今回は「広範囲エリア対応」と「限りなく容量無制限」の2つをクリアするポケットWiFiを探した結果をまとめてみたいと思います。

クラウドSIMがよくわからない方は、まずこちらの記事をお読みください。

クラウドSIMの仕組みとサービス比較!【デメリットやおすすめも紹介】 – freespace

国内の離島、山、僻地、キャンプ、海外など、広角エリアで使える「クラウドSIM」。…
officehojo.com

どんなときもWiFiの新プランについてはこちらの記事で。

どんなときもWiFiの新プランと他社サービス比較! – freespace

2020年2月起きた大規模な通信障害により、一時的に新規受付をストップするなどの…
officehojo.com

ポケットWiFi(クラウドSIM/モバイルルーター)の新プラン続々!

有名なポケットWiFiサービス各社のプラン表です。現在では容量無制限プランがなくなり、軒並み制限プランに切り替え中です。

サービスプラン月額(税抜)
ギガWi-Fi月間100GBプラン3,250円
限界突破WiFi実質1日10GBプラン(10GBを超えると低速モード)
5GB以降は下り4Mbps/上り1.0Mbpsへ下がる
3,500円
THE WiFi1日4GBプラン3,480円
クラウドWiFi大容量プラン(実質100GBの壁あり?)3,380円
ZEUS WiFi月間40GB/100GBプラン2,980円/4,280円
どこよりもWiFi月間100GBプラン3,180円
どんなときもWiFi2020年10月末で完全無制限プランの終了3,480円
hi-ho Lets WiFi1日7GBプラン4,300円
ポケットモバイル月間100GBに変更3,250円
Mugen WiFi9/7より販売開始予定(100GBの壁アリ?)3,280円
よくばりWiFi1日3GBの制限あり3,450円
それがだいじWi-Fi月間100GBプラン3,250円
FUJI Wifi10月より毎日10GBプラン/毎日5GBプラン開始4,950円/3,950円
SAKURAWiFi容量無制限(実質100GBの壁あり?)3,680円

今まで容量無制限を掲げていたところも「大容量」に表記を変えて続行していますが、SAKURAWiFiは100GBで制限が入るとのレビューが多く、クラウドWiFiは実際に問い合わせてみたところ、月間150GB以上利用すると制限がかかる可能性があるとの回答でした。

以上のことから、おそらく「大容量」と記載されているプランは100〜150GBを目安に制限が入る可能性が高そうです。特に3,000円前後のクラウドSIMサービスならほぼ間違いなさそう。一社だけ特別なんてありえないですから。

私は1日仕事&プライベートでWiFiを使うので、だいたい1日10GB、月間300GBはほしいところ。予算は固定回線と同等の4000円くらい。

ひとまず、月間で300GBくらい使えそうなポケットWiFiを挙げて比較していきたいと思います。

限界突破WiFiの1日5GB〜10GBプラン【条件あり】

限界突破WiFi

今なら事務手数料無料キャンペーン実施中(終了時期未定)の限界突破WiFi。実際の容量としては1日5GBまでなんですが、5GBを超えても10GBまでなら快適モード(下り4Mbps/上り1Mbps)が使えるという優れもの。実際の速度は1〜4MBと落ちることは予想されますが、低速モードに切り替わるより全然マシ!ということで、快適に使える容量としては月間300GBという計算です。

【スペックまとめ】
・月額3,500円
・使用端末はスマホ型のjetfonP6(地図&翻訳アプリ付)
・最大接続台数は8台。
・契約期間の縛りは2年間、それ以降は1年契約に切り替え
・解約違約金は18,000円、3年目からは5,000円
・海外107カ国に対応、1日990円〜1,830円(1GB)
・今だけ事務手数料無料!(終了日の表記なし)

ここで決まりか!?と思った矢先、もう一ついい条件を見つけてしまった私。あとは容量と値段の比較だけ!?

1日10GB(月300GB)利用可!FUJI Wifiの新プランに期待!【10月1日からスタート!】

FUJI Wifi

救世主が現れました。なんと、10月1日からFUJI Wifiで1日10GBの新プランが出るとの情報が!確実に1日10GBを確保できるという安心感は半端ないです。ダウンロードもアップロードも気にせずできるのは強い。

月額は通常5,450円ですが、デポジットという預かり金システム(初回に5,000円を支払い、1年後に返金される)を使えば4,950円への割引が適応されます。それでも他サービスに比べるとお高めですが、10月末までに他社から乗り換えれば3ヶ月分のキャッシュバックキャンペーンも適応されるとのこと。条件は以下の通りです。

  1. FUJI Wifi以外の通信サービスを解約
  2. キャンペーンクーポンコードを入力して、新規/追加お申込み
  3. 同一プランを1年間(12ヶ月以上)ご利用
  4. 公式Twitterのアカウント(@FUJIWifi3776) をフォロー
  5. 1年間ご利用いただいた感想のレビューをツイート
  6. 弊社よりメールにてお知らせするキャンペーン専用フォームより、『レビューツイートのURL・他社を解約したと分かる画像・お振込み口座番号』を送信
  7. 申請完了

このキャンペーンを利用すれば、月額が約3,700円まで下がります。

まだ詳細の公表はされていないので手数料や契約縛りなどは未定ですが、今後公式Webサイトで情報を開示していくとのことなので、10月まで様子を見てみようと思います。サービス確定まで1ヶ月ほど猶予があるので、それまでにダウングレードしないことを祈ります。

【スペックまとめ】
・月額5,450円(デポジットプラン選択の場合は4,950円/キャッシュバック適応で3,700円)
・クラウドSIM
・契約期間の縛りなし
・解約違約金なし
・海外料金未定
・事務手数料3,000円

【お知らせ】FUJI Wifiの新プラン「毎日10GBプラン」を契約しました!

【New】iVideoの極超大容量プラン【SoftBank 303ZT 4G LTE】

iVideo

クラウドSIMではないですが、魅力的な新プランを見つけました。「iVideo」という海外旅行向けのWiFiレンタル会社が出している、短期利用向けの月間プランです。基本は出張や旅行などの短期間利用向けのサービスらしいのですが、月間プラン(長期割あり)も出されており、内容を見てみるとかなりいい!

「日本向けWiFiルーター」の極超大容量プラン(SoftBank 303ZT 4G LTE)を使えば、実質容量無制限らしいです。通常は1日7GBで速度制限が出るらしいですが、その解除費用をiVideoが負担することにより、制限なしで使えるという仕組みらしいですよ。

電波はSoftbankオンリーですが、Softbank Airと比べるとかなりの広範囲エリアで使え、私の住んでいる離島にも対応。

ただ、契約方法や解約方法が特殊で、月額プランの場合は最初に自分で契約期間を設定し、毎回更新申請をしないと再開通手数料(3,000円)取られるみたいです。例えば2年契約で申し込みをして、途中1年で解約するとすれば、そのときの月額料金で残りの月数が返金されるそうです。(契約時の月額ではないので返金額に変動あり)

さらに、注意書きとして「ベストエフォート方式のため、回線の混雑状況や通信環境などにより、通信速度が低下、または通信できなくなる場合があります。また、ご利用地域によって通信速度が異なります」とあり、YouTubeを高画質で楽しみたい方には向いていないそう。

【スペックまとめ】
・月額4,600円(2年契約で4,200円/3年契約で4,000円/3年以上で3,800円)
・使用端末はSoftBank 303ZT 4G LTE
・最大接続台数は14台
・契約期間の縛りなし(契約期間は自分で設定できる)
・解約違約金なし(契約期間未満での途中解約の場合は返金対応)
・国内のみ
・事務手数料550円(水曜と日曜は0円)※配送受け取りの場合は別途送料

法人向けクラウドSIM「DoRACOON(ドゥラクーン)」【1日5GB?NTTメディアサプライ】

doracoon

法人限定になりますが、大手NTTグループが容量無制限のクラウドSIMポケットWiFiサービス「DoRACOON(ドゥラクーン)」を開始しました。容量無制限とは言っているものの、注意書きには「1日の通信利用料が5GBを超えると、段階的に速度制限を実施させていただく場合がある」と表記されているので、完全に容量無制限で使えるというわけではなさそう。「速度制限します」と言い切らないところに少し期待してしまいますが、どうなんでしょう。モバイルタイプの端末が限界突破WiFiと似ているので、もしかしたら同じかもしれない(5GBを超えると快適モードに切り替わり、10GBで低速モード?)

NTTグループということでNTT回線が多そうな気がするのですが、優先的に回線が使えたり?さすがにそこはない?でもサポート面は期待できそう。

機器は通常のクラウドSIM端末(U2sやU3など)とは違い、マルチファンクションタイプ(有線LAN対応)、モバイルルータータイプ、スマホタイプ(クラウドSIM搭載のスマホ)の3つが用意されています。事務手数料はみんな横並びの3,000円。簡単にサービスのメリットデメリットをあげてみました。

DoRACOON(ドゥラクーン)のメリット

  • 国内最大手の安定感
  • 請求書払いが可能(もちろんクレジットOK)
  • 要望により、今後のサービス展開に期待できる
  • 最低利用期間、解約違約金なし

DoRACOON(ドゥラクーン)のデメリット

  • 1日5GBの縛りあり(段階的に?)
  • 端末は買取(モバイルルーターは19,800円)
  • 月額3,800円(ちょっと高め?)
  • 現状海外での利用はできない

要望フォームがあるので、希望を言えば今後のグレードアップは期待できそう。

そして、最近気付いたのですが、家をスマートスピーカーでIoT化している場合は、この「マルチファンクションタイプ」じゃないと便利に使えない機能もあるみたい。スマート照明を操るハブは有線LANで繋ぐものが多く、普通のポケットWiFi非対応なんですよね。。

結果:FUJI Wifiの毎日10GBプランを契約してみた。

色々検討した結果、FUJI Wifiの新プラン「毎日10GBプラン」を契約しました。限界突破WiFiと悩んだのですが、通信が安定していないとの書き込みが結構あったので、あまり人気がなさそうでいつでも解約できるFUJI Wifiに決めました。やっぱ通信の安定性が最重要なので。詳細はこちらの記事で!

FUJI Wifiの「毎日10ギガプラン」レビュー【容量無制限に一番近いポケットWiFi】 – freespace

以前使っていた「どんなときもWiFi」が10月末に終了し、代替え機として「FUJ…
officehojo.com