FUJI Wifiの「毎日10ギガプラン」レビュー【容量無制限に一番近いポケットWiFi】

2020-10-09
ライフハック

以前使っていた「どんなときもWiFi」が10月末に終了し、代替え機として「FUJI Wifi」の新プラン「毎日10GBプラン」に乗り換え契約しました。

気になる速度や通信状況などをレビューしたいと思います。

【補足】クラウドSIMのポケットWifiが適している環境について
クラウドSIMは、固定回線がない地域や、WiMAXなどの高速ポケットWiFiが使えないエリア(田舎、離島、アウトドアなど)でも利用できる、広範囲エリア用のポケットWiFiです。ドコモ、au、ソフトバンクの3回線を使えるのが大きな特徴ですが、利用ユーザーが増えると速度低下や通信障害が起きるというデメリットがあります。速度や安定を求める方には光ファイバーがおすすめ!

さらば、無制限ポケットWiFi。今は1日10GBの大容量クラウドSIMが一番快適!

どんなときもWiFiの通信障害事件から、容量無制限のクラウドSIMポケットWiFiサービスはほぼ全面で終了となりました。(詳しくは下記の記事にて)

容量無制限に近いポケットWiFiはこれだ!【クラウドSIM/各社比較】 – freespace

2020年10月末、どんなときもWiFiの容量無制限プランが廃止。それに伴い、同…
officehojo.com

ほとんどが月間100GBの制限付きにプラン変更し、大容量と記載しているポケットWiFiは100GBを超えたあたりから通信が不安定になるという現状。噂によると、どうやら提供元(キャリアですかね)から1回線につき1日7GBの制限が設定されており、これを解除するには別途費用がかかるらしいんですね。

格安のクラウドSIM対応のポケットWiFiは、おそらくこの解除費用を払っていないと思うので、SIM不足により通信制限や速度低下があるっぽいです。

そこで、少し料金を高めに設定し、安定した容量と速度を提供しているのがおそらく「FUJI Wifi」の「毎日10GBプラン」です。他のサービスは軒並み1日3〜5GBあたりなので、FUJI Wifiの1日10GBプランは大容量ユーザー向けに絞ったプラン。

今までほぼ繋がらない&低速モードのどんなときもWiFiにストレスを感じながら使用していましたが、11月1日にFUJI Wifi端末に切り替えると、驚くほど快適なスピード!!

どんなときもWiFiでキャッチできなかった電波もすぐ繋がるし、今まで何だったん?くらいの勢いです。固定回線時代に近い快適さ。この感覚が懐かしい。。

FUJI Wifiの速度は?(どんなときもWiFiより速い!繋がる!)

FUJI Wifiの速度

計測場所は岡山県、小さな山と海に囲まれた離島ですが、下りが平均で20〜40Mbpsくらい出ています。体感としては4Gのスマホと同じくらいの快適さです。ダウンロードもアップロードもまぁまぁ快適。動画は止まらない。

いや〜、やっぱりどんなときもWiFiは酷かったんだな、繋がらなかったんだなと。。改めて実感しました。ただ、ユーザーが増えるとこの速度が逃げていくんですよね。。苦しんでるみんなにはおすすめしたいけど、自分の電波も確保したい、なんとも複雑な心境です。FUJI Wifiがこれからも快適に使えますように。。。

FUJI Wifiに障害はある?通信状況について

FUJI Wifiを使い始めて約1ヶ月が経とうとしていますが、今のところ障害(突然の断線)は2度ほど。しかも1分以内に復旧するのでなんも問題なし。すぐにSoftbankの高速電波をキャッチしてくれます。

ルーターの置き場所も、今まで繋がらなかった場所でも難なく繋がります。電波を探す旅はもう卒業です。

速度もずっと快適に保たれています。

1日10GBでどこまで使える?使用量をチェック!

私が利用する1日の通信量はおよそ7〜10GBくらいです。使用シーンはこんな感じ。

  • 朝ご飯中にYouTube鑑賞(テレビの代わり)
  • 朝10時〜夕方6時の仕事時間はGoogle HomeでYouTubeミュージックかけっぱなし
  • 仕事中はほぼネット利用(Webの更新や検索など)
  • 夜ご飯から就寝の夜中1時くらいまでTverやYouTubeを鑑賞(テレビの代わり)

YouTubeの鑑賞時間によっては10GBを超えることもあります。容量オーバーの注意ポイントは動画とアップデート。Macやソフトなどの長時間にわたるソフトウェアのアップデートは、仕事がない休日を狙ってした方がいいですね。私は夜中にMacのアップデートをして寝たら、翌朝10GBに達してましたから。笑

FUJI Wifiの端末は使用量がディスプレイに表示されているので、チェックしながら使用量をセーブしていけばいいと思います。

1日10GBを超えると通信停止。翌0時に本体リセットで復旧。

FUJI Wifiは、1日10GBを超えると通信が停止され、翌日0時に本体をリセットすれば復旧します。低速モードも使えません。使用量が10GB未満なら勝手にリセットされるみたいなので、何もいじらなくてもOK。

休日に調子に乗ってYouTubeばっかり見ていると、夕方にはネットが全く使えなくなることもあるので注意してください。平日は仕事が大半なので、だいたい1日7GBくらいでストップします。残った容量をスマホみたいにキャリーオーバーできたら最高なのになー。。

FUJI Wifiは解約縛りなし解約0円、いつでも返却OK

FUJI Wifiをおすすめするポイントとして、契約期間の縛りがなくいつでも無料で解約できることも大きいです。もし何かの不具合が起きたとき(実際どんなときもWiFiで起きましたからね。。)、すぐに切り替えできるフットワークの軽さは必要。

デポジットで契約すると5,000円の返金がなくなりますが、まぁ安心を買っているという意味ではいいのかなと。途中で魅力的なサービスが現れたら乗り換えも検討しますしね。

でも、現段階では1年は使うんじゃないかと思います。乗り換えるほど魅力的なサービスは今のところないのでね。。

FUJI Wifiの端末h01は同時接続10台までOK

同時接続台数も見逃せないませんよね。今の時代、家電や機械類はほぼWiFiネットワークを利用します。スマホ、タブレット、ノートPC、デスクトップPC、デジカメ、スマートアシスタントなど、頻繁にネット接続するものが多いですよね。

多くの格安ポケットWiFiは同時接続5台までですが、FUJI Wifiのh01は同時接続10台までOK!推奨は5台となっていますが、私は今7台接続中で、特に問題は起きていません。同時稼働を5台までに抑えれば問題ないかと思われます。

今までデバイスが増えるごとにWiFiをON/OFFしていた小さなストレスもなくなりました。

FUJI Wifiの1日10GBプランの契約プラン内容詳細

FUJI Wifi

10月から始まったFUJI Wifiの新プランは、クラウドSIMの「毎日10ギガプラン」と「毎日5ギガプラン」です。私は「毎日10ギガプラン」を契約しました。

毎日10ギガプランは、1日10GBが確保されるプランなので、一般的な格安ポケットWiFiよりも価格は高く、月額5,450円(税別)です。デポコミコース(一時金として初回に支払い、1年利用後の解約時に返金されるサービス)を利用すれば月額4,950円まで下がりますが、1年以上の契約継続が必須。

他社からの新規乗り換えで3ヶ月分のキャッシュバック【2020年11月30日まで】

11/30までの申し込みなら、新規乗り換えキャッシュバックキャンペーンと題し、3ヶ月分の料金が返ってくるサービスも使えます。

デポコミコースと併用すれば、実質1年間の契約満了で月額3,713円(税込4,084円)で利用できることになります。(通常のデポコミコースより1,000円安い)

同じように1日5〜10GBが使える限界突破WiFiとギリギリまで迷いましたが、月額200円くらいの差だし、それならいつでも違約金なしで解約できるFUJI Wifiの方が安全策かな?と思い、私はFUJI Wifiの毎日10GBプランを契約しました。

ちなみにキャッシュバック適応には下記のルール厳守です。(公式サイトから抜粋)

  1. キャンペーンクーポンコード「NORIKAECB2020」を入力して、新規/追加お申込み
  2. 同一プランを1年間(12ヶ月)継続にてご利用
  3. 公式Twitterのアカウント(@FUJIWifi3776) をフォローし、1年間ご利用いただいた感想のレビューをツイート
  4. 弊社よりメールにてお知らせするキャンペーン専用フォームより、『乗り換え証明書類、レビューツイートのURL、お振込み口座番号』を送信
    ※キャンペーンの詳細メールはご利用開始月を含む12ヶ月目に弊社よりお送りいたします。
    ※乗り換え証明書類は「2020年8月1日~2020年12月31日」の期間中に「FUJI Wifi以外」での他社サービスの解約が確認できる画像(解約受理メールまたは解約受理画面等)
  5. 以上で申請完了

FUJI Wifiの毎日10GBプラン、初期費用の内訳

キャッシュバックキャンペーンは1年後に返ってくるとして、まずは初期費用の内訳を公開します。

月額基本料金が4,950円、事務手数料が3,000円、ACアダプタ(オプション品)が300円です。そしてデポジットコースで契約したので、税込で+5,500円先払い(1年後に返金)。あとは消費税を加算して、初回の支払いは合計9,075円!(端末補償などの安心サポートに入ればもう少しUP)

その後は毎月の月額基本料金(税込)が前払いで引き落とされます。

さて、キャッシュバックキャンペーン適応の12ヶ月まで使い続けることができるのか?ドキドキですね。

1日5GB前後なら限界突破WiFiがおすすめ!

限界突破WiFi

大容量を使いたいけど、FUJI Wifiの1日10GBプランは少し予算オーバーという方には「限界突破WiFi」がおすすめです。契約期間が2年という縛りがありますが、値段はずっと格安の3,500円。さらに1日5GBを超えても、10GBまでは快適モード(下り4Mbps)が使えるんです。

1日5GBまでは高速LTE回線が使え、5GBを超えると快適モード(4Mbps※快適に動画が見れる程度)の速度制限がかかり、10GB以降は低速モードに切り替わります。4Mbpsの速度目安としては、ネットサーフィンや音楽、YouTubeは見れるかな?ってくらいですかね。1Mbpsを下回ると画面移動がめちゃくちゃ遅く感じると思います。なかなか画像が出てこなかったり、アップロードが途中で止まったり、、そんな感じです。

普通のWiFiサービスでは、5GBを超えると低速モード(128Kbpsとか、ほぼ使えないレベル)に切り替わるので、快適モードで10GBまで使えるなら他社と比べると結構いいプランだと思います。

ただ、先ほども言った通り人気が出れば繋がりにくくなるので、通信速度と障害は覚悟の上で。限界突破WiFiはいろんな媒体で紹介されているので、ユーザーも多いと思います。もし繋がらない日々が続いたとして、それが電波障害だと認められない時は解約金が発生します。これはどのクラウドSIMも同じ。

1日10GB以上ならiVideoの極超大容量プランがおすすめ?

iVideo

iVideo」という海外旅行や短期利用向けのポケットWiFiレンタルサービスに、極超大容量プラン(SoftBank 303ZT 4G LTE)というのがあるみたいです。

気になる容量は「無制限」とのこと。その理由は、通常のポケットWiFiサービスでは1日7GBを超えると提供元(キャリア)側から通信制限がかかり、解除費用を払わないとストップするらしいのですが、その解除費用をiVideoが負担することにより、実質容量無制限で使えるという仕組みらしいです。

ただ、他のサービスと同様、急激な容量消費は制限対象らしいので、オンラインゲームや動画ユーザーが完全に無制限で使えるかというとそれは無理っぽいです。YouTubeの高画質再生には向いていないと記載されています。

実際に使っていないのでどこまで快適に使えるのかはわかりませんが、ちょっと気になるサービスです。現段階で乗り換えるとしたらここですかね。